たかーぎ読本 2018

11月29日は「いいにくの日」くらいしか思い浮かばなかったんですが、twitterなどでセルフブランディングとかスマホネイティブとかメリットとか横文字を駆使して目立ってる高校生がいるんですよね。彼の名はたかーぎ君。今日で16歳になった高校生の本である。

本書は、たかーぎ君(本名:高木俊輔 / @takagi_1129 )という一人の少年について書いた本です。2002年生まれの15歳で、10代から20代の間ではそれなりに知られている人物なのですが、今回は敢えて50歳以上の読者を対象として編集を行い、出版させていただきました。

もし仮に本書に副題を付けるなら「孫が出来たら読んで欲しい本」です。

本の目次はこんな感じになってます

まえがき

たかーぎ君は2002年生まれの16歳。10代から20代にはそれなりに知られている人物らしい

ななや

推薦文:手書きネイティブを代表して

若いというだけで見下げているような大人にロクな奴はいない…からはじまる福岡の重鎮中村センセの推薦文

ななや

たかーぎ年表

あっ、少し手伝わせていただきましたw

ななや

序章:スマホネイティブ

たかーぎ君が生まれた2002年は迷惑メールが社会問題化してたんか(つい最近の話ジャマイカ!)

ななや

常にスマホがある生活

現在45歳の僕が16の時って緑の公衆電話とテレホンカードだったけど(世代間ギャップ…)

ななや

SNSにおける”友達”

言われてみるとたしかに!ってなるね

ななや

スマホネイティブ

同じスマホでもスマホの使い方も千差万別なわけで

ななや

インタビューコラム1

15の夜と自由を掴む能力と。

たかーぎ君と3世代違う50代のもりさんがインタビュアー

ななや

第一章:たかーぎ君の中学文化祭

たかーぎ君がインターネット上で注目を集めるようになったきっかけ

ななや

大阪府高槻市「ゆめみらい学園」校区

ホームページを見たけど公立の学校でもこんな取り組みをしてるんだ!

ななや

中学校の文化祭にスポンサーをつける

この辺の発想力や行動力なんだろうね。この時、たかーぎ君はまだ中学生だから!

ななや

中学校の文化祭のためのpolca

polcaっていうのは少額のクラウドファンディングサイト。ネットで募る募金みたいな感じ

ななや

5000円の価値

金額の多寡じゃなくって、大きな価値があったと思うよ

ななや

インタビューコラム2

途方もない15歳

インタビュアーはぴろこさん。インタビューした時期はまだ15歳だったんだよね

ななや

第二章:たかーぎ君の高校生活

第二章って言うけど第一章は去年で、第二章は今年のお話だからな

ななや

私立四国学院香川西高校

サッカーの強い高校だね!推薦で入ってたんだな

ななや

N高への進学を目指してpolca

もうN高って高校自体を知らなかった自分…あるんだよ、そういう高校が!

ななや

東京へ

中国地方在住の僕からしたら大阪くらいで止まっちゃうんだよね

ななや

プロ奢ラレヤーの影響

最近AbemaTVとかに出演してたって風の便りで聞いたけど、若者には影響力があるみたいだね

ななや

第三章:たかーぎ君の生存戦略

ここら辺は年齢に関係なくすげーなと思うよ

ななや

感情で動いて、感情を刺激する

エモい(おっさんなんで初耳学だったりします)

ななや

成功したらラッキー、失敗してもネタになる

あー、立ち位置ね!

ななや

個人のブランディングとファン

この辺が僕がわかってない次元なんだよね!

ななや

おわりに:「大人の義務」を果たそう

若いのは苦手である…からはじまるくらげさんの作品。最後の1行がいいw

ななや

巻末のおまけ

こんなおまけがwww

ななや

表紙


たかーぎ読本 2018 (キャプロア出版)